COLUMN

子宮脱の初期症状とは?もしかして…と思ったら

最近、子宮に違和感がある、妊娠や出産を経てから下腹部が何かおかしい…など、誰にも相談できず悩んだり、不快な思いをしていたりする女性、その症状はもしかしたら子宮脱かもしれません。ここでは、子宮脱という疾患の初期症状についてご紹介しています。

子宮脱とは?

子宮脱とは、骨盤臓器脱と呼ばれる疾患の一部で、子宮下垂とも呼ばれます。子宮が下がってくる(下垂する)のが代表的な症状です。骨盤底筋という子宮を支える筋肉がさまざまな要因で弱って、支えきれなくなってしまうことが原因です。

子宮脱の詳しい症状や原因について詳しくは「子宮下垂・子宮脱とは?症状や治療法:中高年を中心に起こる病気」をご覧ください。

初期症状がない人もいる…?

子宮脱・子宮下垂の程度にもよりますが、初期では無症状の場合がほとんどです。また、婦人科検診などで指摘され、初めて気付く場合もあります。

どんな自覚症状で気づく?

子宮が下垂することにより、靭帯が引っ張られることにより、下腹部痛を感じることもあります。
進行すると、お腹に圧がかかった時に「何かが出てくる感じ」がします。立ち仕事をしているとき、重い物を持ったとき、歩いているとき、しゃがんだときです。
そして入浴時に外陰部を洗っているときに、「何かコリコリしたものに触れる」感じがします。これは膣から、子宮頚部が出ている状態です。

更に病状が進行すると、子宮全体が膣壁とともに下がり、膀胱や直腸などの周辺臓器も一緒に下がってきてしまいます。そして、「股の間に何かが挟まっている感じ」がしたり、「座ると何かが中に入り、立つと何かが出てくる感じがする」と、不快感が増してしまいます。更には、下着との摩擦で痛みや出血が起きたり、おりものが増え、赤くなったり、化膿したりします。トイレに行っても排便できない、排尿ができない、または漏れるなどの症状も出現し、生活の質を著しく低下させます。

初期症状を感じたら、何科に行けば良い?

子宮や膀胱、小腸や大腸などが出てくるため、診療科は複数の科に渡っていましたが、近年、「婦人科」と「泌尿器科」を組み合わせた「ウロギネコロジー」という専門科も増えてきています。これは、女性の骨盤底に関する疾患(骨盤臓器脱、女性の尿漏れなど)を専門に診て貰える科です。

症状を感じたら、進行する前に、ウロギネコロジーや女性泌尿器科などの専門外来を受診することをお薦めいたします。

その初期症状、もしかしたら子宮脱以外の病気かも

出血、おりものの増加、かゆみ、痛み、排尿痛、尿意切迫感、残尿感などの症状は子宮脱以外の病気の可能性もあります。子宮のがん、カンジダ症、膀胱炎、その他の感染症でも同じような症状を感じる場合があるので、おかしいなと思ったら、早めの受診を心がけるようにしてください。

この記事の監修医師

永尾 光一 先生

東邦大学 医学部教授(泌尿器科学講座)
東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター
東邦大学医療センター大森病院 尿路再建(泌尿器科・形成外科)センター長

昭和大学にて形成外科学を8年間専攻。その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻し、形成外科・泌尿器科両方の診療科部長を経験する(2つの基本領域専門医を取得)。得意分野はマイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域の形成外科的手術。泌尿器科医の枠を超えた細やかな手術手技と丁寧な診察で、様々な悩みを抱える患者さんから高い信頼と評価を得ている。

所属医療機関

この記事の執筆者

三井 桂子

株式会社女性医療研究所 代表取締役

三井 桂子

株式会社女性医療研究所 代表取締役。日本における女性疾患についての認知や理解度の低さに危機感をおぼえ、医療機器開発に着手。子宮脱をはじめとする骨盤臓器脱の治療に用いる「フェミクッション」を開発し、女性医療研究所を通じて発売。

コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW