COLUMN

子宮脱とは?中高年を中心に起こる病気

子宮脱とは

子宮脱とは、骨盤底の筋肉と靭帯が伸びて弱まり、子宮の正常な支持が失われると膣へ下垂し、症状がひどくなると膣外へ脱出します。骨盤臓器脱の疾患の一つです。
子宮は通常、骨盤内のさまざまな筋肉、組織、靭帯で固定されています。妊娠、出産により、一部の女性ではこれらの筋肉が衰弱します。また、加齢に伴いホルモンエストロゲンが失われることなどにより引き起こされます。
子宮脱は、女性であれば誰しもがかかる可能性があります。特に、1回以上の経腟分娩を経験した閉経後の女性はリスクが高くなります。
軽度の子宮脱は治療を必要としませんが、子宮脱により不快感が生じたり、通常の生活が妨げられたりした場合は、治療をする必要があります。
 
このページでは、子宮脱の症状や原因、治療方法についてご紹介しています。

原因

骨盤内臓器は、骨盤底にある骨盤底筋群と呼ばれる筋肉や靭帯が支えています。子宮脱は、以下のような条件により、骨盤底筋の損傷が起こる事で、症状を引き起こします。

  • 妊娠と出産
  • 肥満
  • 加齢
  • 閉経(エストロゲン低下)
  • 便秘
  • 慢性的な関(気管支炎や喘息
  • 長時間の立ち仕事
  • 重い物を持つ仕事に就いている

 
この様に原因は様々ですが、特に妊娠と出産大きなリスクとなっています。
 
妊娠と出産時の骨盤臓器脱へのリスク

  • 経腟分娩
  • 難産
  • 3500グラム以上の大きな赤ちゃんを出産
  • 多産、高齢出産
  • 会陰切開
  • 鉗子分娩
  • 吸引分娩
  • 妊娠中の喫煙

子宮脱の症状と検査方法

病院を受診する場合、一般的には婦人科と考えられがちですが、膀胱瘤など多臓器下垂も併発している場合も多いため、ウロギネコロジー(婦人科と泌尿器科が一緒になった科)や女性泌尿器科などの、骨盤臓器脱全般を診れる専門の科があります。予め医療機関に問合せをするか、ネットで調べるなどして、骨盤臓器脱の治療を行っているか確認してから受診されることをお薦めいたします。

症状

  • 下腹部の違和感や下垂感
  • 太ももの間にものが挟まったような違和感や不快感
    (膣にピンポン球みたいなものが触れるという表現をされます。)
  • 骨盤、腰回りの引っ張り感または重い感触
  • 頻尿や尿漏れ、尿が出にくいなどの排尿困難
  • 便秘または排便困難
  • 腰痛、骨盤痛
  • 性交障害、性交痛
  • ボールの上に座っているような感覚がある
  • 歩行困難
  • 痛みやかゆみ、膣出血
  • 骨盤領域の膨満感、重苦しさまたは痛み
  • 膣の膨らみ
  • 座ると何かが中に入り、立つと何かが落ちてくる
  • 長時間の立ち仕事後悪化
  • 午前中は何ともなりが、午後なると違和感を感じる

検査

診察時は、問診、内診、その他の検査が行われます。
 

問診

いつ頃から、どの様な症状があるのか
初経・閉経を迎えた年齢や月経周期などの月経歴について
妊娠や出産歴について
既往歴や過去の手術歴について
排尿や排便について
生活習慣について
 

内診

診察は主に触診と、器具を用いた内診が行われます。
最初に、膣の状態や外陰部の異常を確認します。
子宮脱の程度を確認するために、腹圧を加え子宮の下垂の程度を観察します。
診察には主に触診と内診に加えて、膀胱内に造影剤を入れレントゲン検査が行われます。以前は、排尿をしながらの撮影だったため、なかなか排尿できず患者さんの精神的負担も伴いました。最近では、尿道にチェーンを入れることにより、簡単に撮影ができるようになりました。尿道の位置を把握することにより、排尿困難の有無、術後尿失禁の可能性などの評価をします。
 

その他、MRIやCT、超音波検査やウロダイナミクス検査などは、患者さんの状態に合わせ、医師が判断し、必要であれば行われます。

治療法

子宮脱の治療には、自分で出来る予防法から、保存的治療や手術療法があります。ご自身の年齢や身体の状態、子宮脱の状態や、生活状況などに応じて適切な方法を選択します。

  • ダイエット
  • 禁煙
  • 重い物を持ち上げない
  • 骨盤底筋体操
  • ペッサリー着用
  • 手術療法
  • フェミクッションの症着

治療法について詳しくはこちら

予防方法

子宮脱はすべての状況で予防できるとは限りません。ただし、リスクを軽減するためにいくつかのことを行うことができます。定期的な運動をする、健康的な体重を維持する、骨盤底筋体操の練習、慢性敵な便秘や咳などの治療などが主な予防方法として挙げられます。
初期の子宮脱の方には骨盤底筋体操で骨盤の筋肉を鍛えます。骨盤底筋体操はケーゲル体操とも呼ばれます。(運動を発見したケーゲル博士に由来。)症状を改善や、進行を遅らせることはもちろん、軽度の腹圧性尿失禁にも有効です。
骨盤底筋体操は、寝ながら、椅子に座って、立ったままなど様々な体勢で行うことが出来ます。
 
【骨盤底筋体操の方法】
寝ている状態:仰向けに寝て、足を肩幅に開き、膝を少し立てる
椅子に座る状態:椅子に浅く腰掛ける
立っている状態:つま先立ちになる
 
深呼吸をして身体の力を抜く
肛門や膣をしめてゆっくり10数える
そして力を抜いてリラックス
これを10回繰り返し、朝晩行うことがお薦めです。

一覧ページに戻る
次の記事 次の記事
フェミクッション

FREE
VIEW