COLUMN

サポーター、ペッサリー…骨盤臓器脱の医療機器には何がある?

骨盤臓器脱とは

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とは、膣のヘルニアなどとも呼ばれ、子宮・膀胱・尿道・小腸・直腸などが、女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。別名「性器脱」、「膣脱」ともいわれ、古には「なすび」と云われた疾患です。
 
骨盤内臓器(子宮、膀胱、直腸)は、筋肉、靭帯、筋膜で構成された骨盤底筋によって支えられています。骨盤臓器脱は、それらの組織が弱くなり、膣から骨盤内臓器が1つまたは複数出てきてしまう病気です。
出てくる臓器によって、子宮脱・膀胱瘤・尿道瘤・小腸瘤・直腸瘤と呼ばれていて骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とはその総称です。それらを総称して骨盤臓器脱といいます。
海外ではPelvic Organ Prolapse (POP)の名称を用いられ、日本でも骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)という名称が使われるようになりました。
 
最初は膣から何かが落ちてくるだけですが、進行すると排尿困難や排便困難、性機能障害なども起こるようになります。痛みや出血のため、歩行困難になるなど、著しくQOL(生活の質)を低下させます。
 
また、恥ずかしさから病院にも行けず、家族や知人にも言えず、人知れず悩んでしまう病気でもあります。

骨盤臓器脱の治療方法

骨盤臓器脱の根治治療は手術になります。手術にはいくつかの方法があり、患者様の症状や年齢、体力などから、適切な手術方法を医師が判断します。
持病や合併症などある人は手術が出来ないこともあり、その場合は温存療法が有効が選択されます。しかし、近隣に病院がない場合、あるいは専門医が近くにいないなどの理由で、受診できない方も多いのが現状です。
まずは自分でできる温存療法を取り入れてみることが、症状を進行させず、日ごろの生活を難なく送る近道です。

手術による治療方法の比較

手術には複数の術式があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

術式 概要 メリット デメリット
子宮摘出術 下がってきた子宮を摘出する方法 子宮がんや子宮筋腫のリスクはなくなる 妊娠できなくなる
膣縫縮術 弱っている膣の壁(筋膜)を縫い縮める方法 簡便に行える 痛んだ組織で形成しているため、再発のリスクがある
従来法(上記2つを同時に行う) 子宮摘出後に膣壁を縫い縮める方法(婦人科で最も多く行われている) 婦人科で最も多く行われていて、低侵襲である 痛んだ組織で形成しているため、再発のリスクがある
経膣メッシュ手術(TVM) 弱っている膣の壁をシート状のメッシュで補強する方法 (授産の可能性がある場合は行わない) ・経腟的に手術をするため開腹せず患者の負担が少ない
・再発のリスクが低い
日本では安全に行われているが、合併症や後遺症が問題となり、現在海外では禁止されている(注)
膣の閉鎖 膣の前と後ろの壁を縫い合わせて、臓器が落ちないようにする方法 
寝たきりの人を対象とし健常者には行わない
・経腟的に手術をするため開腹せず患者の負担が少ない 性交ができなくなる
腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC) おなかに数カ所の小さな穴を開ける腹腔鏡下にて、骨盤臓器脱によって下垂した膣を、メッシュを用いて仙骨へ固定する方法(授産の可能性のある若い人にも行える) ・入院期間が短い
・術後の痛みが軽い
・癒着が少ない
・経再発率が最も低い
・子宮摘出を行う
・手術費用が高い
・実施施設が少ない

(注)2019年4月16日 FDAは骨盤臓器脱に対する経腟メッシュ手術に使用する外科用メッシュの2社3製品に対し製造と販売を中止
 
骨盤臓器脱の治療方法について詳しくはこちらも合わせてご覧ください。
 
このように、骨盤臓器脱の治療には手術を用いたさまざまな方法があります。
ただし、手術には多大な費用がかかるほか、リスクが伴うこと、出産ができなくなることなど、多くのデメリットもあります。また、持病や合併症などにより、手術を受けられない場合もあります。
 
ただし、骨盤臓器脱は手術を行わずとも症状を軽減することは可能です。「温存療法」と呼ばれています。

温存療法について

温存療法には「リングペッサリーの装着による治療法」と「骨盤底筋訓練(体操)」、そして「フェミクッションによる治療法(温存療法)」があります。
それぞれの治療法には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

術式 概要 メリット デメリット
リングペッサリーの装着による治療法 ドーナツ状の輪を膣の中に入れて、2~3ヶ月毎に病院にて膣洗浄・リング交換を行う ・簡便である
・合併症などで手術を受けられない人にも使える
・定期的な交換が必要
・異物のため、感染のリスク
・膣壁が脆弱なため出血を伴うことがある
・おりもの過多
骨盤底筋訓練(体操) 子宮、膀胱、尿道、小腸、直腸を支える骨盤底筋を鍛える ・立っているとき、座っているとき、家事をしながらでも、人に知られることなく簡単に行える ・症状の進んだ骨盤臓器脱の場合は効果が期待できない
フェミクッション ・装着することにより、臓器を体内に保持する 骨盤臓器脱の不快感から解消され、通常の生活を送る
・クッション、ホルダー、サポーターを用いることにより、症状に合わせた使い方ができる
・病院に行かずに自宅で行える
・履くだけで、脱の違和感から解消される
・手術やリングペッサリーの装着など、これまでの治療法が合わない人にでも使える
・感染症や合併症、びらんなどの心配がない
・健康保険の適用にならない
・着脱で手間取らないよう、使用方法を理解する必要がある

骨盤底筋訓練について

初期の骨盤臓器脱の場合は有効で、症状を改善し進行を抑えることができます。効果には個人差があり、効果が得られるには時間がかかります。しかし症状の進んだ骨盤臓器脱の場合は、臓器が挟まった状態では骨盤底筋体操を行うことがでず、効果も期待できません。この場合は何らかの方法(フェミクッションの装着など)で臓器を体内に収めておく必要があります。

フェミクッションについて

  • 骨盤臓器脱の治療に使える
  • 身体の中に入れなくても良い→体内に入れない
  • いつでも取り外せる→自由に着脱できる
  • すべての女性に安全
  • 医師の診察が不要
  • 感染症や合併症のリスクがない
  • ペッサリーの場合、定期的に通院し、膣洗浄やペッサリーの交換が必要になる

治療方法はどのように選択すればよい?

病院を受診する場合は、手術療法が第一の選択肢となります。そして、持病や合併症のため手術を受けられない場合は、リングペッサリーや装具(サポーター:フェミクッション)などの保存的治療が検討されます。
また、手術設備のないクリニックなどでも、やはりリングペッサリーや装具(サポーター:フェミクッション)などの保存的治療が検討されることとなります。
 
しかし、誰しもがすぐに医療にアクセスできるとも限りません。近隣に病院がない、田舎のため交通が不便、どこの病院に行ったら良いか情報がない、など様々な理由で、受診までにかなりの時間を有している方も少なくありません。
骨盤臓器脱は、放っておくと進行しやすく、進行してしまうと、生活に支障を来たすこととなります。
まずは温存療法など、手軽に入手でき、簡単に行えることを取り入れてみることをお薦めいたします。
 
フェミクッションは、電話やファックス、インターネットなどでも注文でき、翌日または翌々日には全国どこででも受け取ることができるため、早期の症状緩和や予防が可能です。
 
フェミクッションの初回購入はこちら
フェミクッションについて詳しくはこちら

コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW