COLUMN

子宮脱と妊娠の関係。産前産後の子宮脱は胎児に影響ありますか?

子宮脱とは、骨盤底の筋肉と靭帯が伸びて弱まり、子宮の正常な支持が失われると膣へ下垂する症状で、症状がひどくなると膣外へ脱出します。骨盤臓器脱の疾患の一つです。この子宮脱になると、妊娠することはできなくなってしまうのでしょうか。また、妊娠中に子宮脱になってしまったら、お腹の子どもは大丈夫なのでしょうか。妊婦さんの疑問にお答えします。

お腹の子どもは大丈夫?

頻度としては多くはありませんが、第一子出産時に赤ちゃんが子宮とともに出てきたり、出産後に子宮脱になってしまうと、第二子妊娠中に子宮脱になる場合があります。

妊娠中に子宮脱を併発をしていても、直接胎児には影響はありません。

流産や早産の可能性はある?

妊娠中の子宮脱に対しても、リングペッサリーが使われます。しかし、リングペッサリーを使用すると感染リスクが高まるのと、子宮頸部への刺激にもつながり、流産や早産のリスクも高くなります。感染リスクを避けるために、フェミクッションを使用されることがあります。

妊娠中、子宮が完全に膣外に出てしまう可能性はある?

通常は、胎児が大きくなるにつれ子宮も大きくなることから、妊娠20週を過ぎると殆どの場合は体内に入ります。しかし、稀に出産時まで出てきた状態の方も見受けられます。

この状態で、自然分娩は可能?

通常は問題なく自然分娩できます。しかし、頸管熟化不全などが起きた場合などは、緊急帝王切開となることもあります。

妊娠中に骨盤臓器脱になってしまったら:気をつけるべきこと

骨盤臓器脱の症状にもよりますが、尿道瘤を併発している場合は、尿閉になることもあります。尿閉になると、おしっこが出にくいなどの症状が出てくると、腎機能にも影響するので注意が必要です。

出産後に気をつけるべきこと・考えられるリスク

最も骨盤臓器脱のリスクとなるのは、妊娠、出産です。妊娠や出産によって、子宮を支えている靭帯が劣化します。3500グラム以上の胎児の出産、難産もリスクとなります。また、一人目より二人目と出産回数が増えるとともに、リスクも高くなります。
予防としては、定期的な骨盤底筋体操が有効です。しかし既に臓器が膣から出ている場合は、骨盤底筋体操自体ができないので、治療が必要となります。
治療には、手術療法と温存療法があります。将来的に挙児希望の場合は、温存療法で経過観察をする場合が多いです。しかし、手術には様々な方法があるので、担当医によっては手術を薦められることもあります。
温存療法には、リングペッサリーの装着や、骨盤臓器脱用の装具(フェミクッション)があります。これらを使うことにより、臓器を膣内に収めておくことができるため、不快な症状を改善することができます。

子宮脱になったあと、妊娠はできる?

子宮脱になったからと、妊娠ができなくなることはありません。また、妊娠中に子宮脱や骨盤臓器脱の症状があっても、直接胎児に影響を及ぼすことはありません。しかし、子宮脱があると、性行為の時に性交痛を感じたり、性交渉ができない場合もあるので、放置せずに治療することが必要となります。

次の記事 前の記事
コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW