COLUMN

産後の子宮脱は治る?産後に腹部や子宮に違和感を感じたら

子宮脱とは?

子宮脱とは、子宮脱とは、子宮が女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。その原因は様々ですが、特に妊娠や出産が大きなリスクとなっています。
子宮脱に関して詳しくは「子宮脱、自分で治す・戻すことは可能?」をご覧ください。

子宮脱の症状

一般的に「子宮が下がってくる感覚がある」「座ると何かが触る感覚がして気持ち悪い」などの自覚症状から始まります。症状がひどくなってくると、尿失禁や痛み、出血が発生することもあります。
子宮脱の症状に関して詳しくは「子宮や膀胱が下がる感覚がする・下がっている…疑うべき病気とは?」をご覧ください。

妊娠・出産がリスクである理由

子宮脱のリスクは何と言っても、妊娠と出産です。
妊娠中は、赤ちゃんが大きくなるにつれて腹圧も高まり、出産までの間、慢性的に骨盤底筋に負荷がかかります。
出産時には、大きな赤ちゃんが狭い産道を通るので、骨盤底筋を劣化させてしまいます。また、3500グラム以上の大きな赤ちゃんの出産や、赤ちゃんがなかなか産道を通ることができず出産に時間がかかってしまう場合、吸引分娩や鉗子分娩で赤ちゃんと一緒に子宮が出てきてしまう場合や、高齢出産や妊娠中の喫煙なども子宮脱のリスクとされています。

出産後、どれくらいで症状がでることが多い?

多くは、閉経を迎える50歳以降に症状が出ますが、産後直ぐに子宮脱になる場合もあります。

妊娠はできる?

子宮脱になると、性交時に違和感を伴うことも多くなりますが、妊娠は可能です。挙児を希望する場合は、手術ではなく、フェミクッションを使いながら治療をすることも一つの方法です。特に若年者でフェミクッションを使った場合は、数カ月間の使用で落ちなくなるケースが多く見受けられます。また、日中フェミクッションを着用することにより、違和感なくスムースに性交を行うことができます。

出産後に気をつけるべきこと

分娩中に赤ちゃんが産道に留まることなく、スムースに出てこられることが好ましいと考えられますが、なかなか自分でコントロールできるものでもありません。
出産後は、しっかり骨盤底筋体操をし、緩んでしまった筋肉を引き締めるようにしましょう。そして、もしも下腹部に違和感を感じたり、子宮脱になってしまった場合には、進行することのないよう、フェミクッションなどを早期に導入するようにしてください。

次の記事 前の記事
コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW