COLUMN

産後の子宮脱は治る?産後に腹部や子宮に違和感を感じたら

子宮脱とは?

子宮脱とは、子宮が女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。その原因は様々ですが、特に妊娠や出産が大きなリスクとなっています。
子宮脱に関して詳しくは「子宮脱、自分で治す・戻すことは可能?」をご覧ください。

子宮脱の症状

一般的に「子宮が下がってくる感覚がある」「座ると何かが触る感覚がして気持ち悪い」などの自覚症状から始まります。症状がひどくなってくると、尿失禁や痛み、出血が発生することもあります。
子宮脱の症状に関して詳しくは「子宮や膀胱が下がる感覚がする・下がっている…疑うべき病気とは?」をご覧ください。

妊娠・出産がリスクである理由

子宮脱のリスクは何と言っても、妊娠と出産です。
妊娠中は、赤ちゃんが大きくなるにつれて腹圧も高まり、出産までの間、慢性的に骨盤底筋に負荷がかかります。
出産時には、大きな赤ちゃんが狭い産道を通るので、骨盤底筋を劣化させてしまいます。また、3500グラム以上の大きな赤ちゃんの出産や、赤ちゃんがなかなか産道を通ることができず出産に時間がかかってしまう場合、吸引分娩や鉗子分娩で赤ちゃんと一緒に子宮が出てきてしまう場合や、高齢出産や妊娠中の喫煙なども子宮脱のリスクとされています。

出産後、どれくらいで症状がでることが多い?

多くは、閉経を迎える50歳以降に症状が出ますが、産後直ぐに子宮脱になる場合もあります。

妊娠はできる?

子宮脱になると、性交時に違和感を伴うことも多くなりますが、妊娠は可能です。挙児を希望する場合は、手術ではなく、フェミクッションを使いながら治療をすることも一つの方法です。特に若年者でフェミクッションを使った場合は、数カ月間の使用で落ちなくなるケースが多く見受けられます。また、日中フェミクッションを着用することにより、違和感なくスムースに性交を行うことができます。

出産後に気をつけるべきこと

分娩中に赤ちゃんが産道に留まることなく、スムースに出てこられることが好ましいと考えられますが、なかなか自分でコントロールできるものでもありません。
出産後は、しっかり骨盤底筋体操をし、緩んでしまった筋肉を引き締めるようにしましょう。そして、もしも下腹部に違和感を感じたり、子宮脱になってしまった場合には、進行することのないよう、フェミクッションなどを早期に導入するようにしてください。

よくある質問

Q:どうして出産で子宮脱になるの?

A:大きな赤ちゃんが狭い産道を通るので、骨盤底筋を劣化させてしまいます。また、3,500グラム以上の大きな赤ちゃんの出産や、赤ちゃんがなかなか産道を通ることができず出産に時間がかかってしまう場合、吸引分娩や鉗子分娩で赤ちゃんと一緒に子宮が出てきてしまう場合や、高齢出産や妊娠中の喫煙なども子宮脱のリスクとされています。

Q:子宮脱かどうか分からない…診療を受ける場合はどこに行けば良い?

A:子宮脱の検査は婦人科を受診します。膀胱瘤なども併発している場合も多いため、最近では女性泌尿器科などでも診察を行っています。予め医療機関に問合せをするか、ネットで調べるなどして、骨盤臓器脱の治療を行っているか確認してから受診されることをお薦めいたします。

Q:子宮脱になったら必ず治療を受けないとダメ?

A:軽度の子宮脱は治療を必要としませんが、子宮脱により不快感が生じたり、通常の生活が妨げられたりした場合は、治療をする必要があります。
軽症であれば、フェミクッションで治すことができます。

Q:子宮脱の予防方法はある?

A:定期的な運動をする、健康的な体重を維持する、骨盤底筋体操の練習、慢性便秘や咳などの治療などが主な予防方法として挙げられます。
日頃から出来るもの、初期の子宮脱の方には骨盤底筋体操で骨盤の筋肉を鍛えます。骨盤底筋体操はケーゲル体操とも呼ばれます。
下垂感等がある場合は、フェミクッションを使用することにより、進行を防ぐことができます。

Q:子宮脱になった後は妊娠できない?

A:子宮脱になると、性交時に違和感を伴うことも多くなりますが、妊娠は可能です。第一子の出産後に子宮脱になってしまうと、第二子妊娠中に子宮脱になる場合があります。挙児を希望する場合は、手術ではなく、フェミクッションを使いながら治療をすることも一つの方法です。

Q:産後の子宮脱はどれくらいで治る?

A:産後すぐの子宮脱の場合、1~2ヶ月程度で軽快することが多いようです。しかし、ひどく脱出してしまったり、一度軽快した症状が再発した際には、温存療法手術が必要なこともあるので、病院で相談することをお勧めいたします。

この記事の監修医師

永尾 光一 先生

東邦大学 医学部教授(泌尿器科学講座)
東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター
東邦大学医療センター大森病院 尿路再建(泌尿器科・形成外科)センター長

昭和大学にて形成外科学を8年間専攻。その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻し、形成外科・泌尿器科両方の診療科部長を経験する(2つの基本領域専門医を取得)。得意分野はマイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域の形成外科的手術。泌尿器科医の枠を超えた細やかな手術手技と丁寧な診察で、様々な悩みを抱える患者さんから高い信頼と評価を得ている。

所属医療機関

この記事の執筆者

三井 桂子

株式会社女性医療研究所 代表取締役

三井 桂子

株式会社女性医療研究所 代表取締役。日本における女性疾患についての認知や理解度の低さに危機感をおぼえ、医療機器開発に着手。子宮脱をはじめとする骨盤臓器脱の治療に用いる「フェミクッション」を開発し、女性医療研究所を通じて発売。

コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW