COLUMN

骨盤臓器脱を予防する方法とは?手術なし・病院なしでも続けたい

骨盤臓器脱は、日本ではその名前はあまり知られていませんが、女性であれば誰しもがかかる可能性があります。特に、1回以上の経腟分娩を経験した閉経後の女性はリスクが高くなります。ここでは、骨盤臓器脱を予防する方法、また、骨盤臓器脱「気味」の方におすすめの対処法などをご紹介します。
 

骨盤臓器脱とは

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とは、膣のヘルニアなどとも呼ばれ、子宮・膀胱・尿道・小腸・直腸などが、女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。出てくる臓器によって、子宮脱・膀胱瘤・尿道瘤・小腸瘤・直腸瘤と呼ばれていて骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とはその総称です。それらを総称して骨盤臓器脱といいます。
 

骨盤臓器脱になる原因

骨盤内臓器は、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉や靭帯が支えています。骨盤臓器脱は、さまざまな要因により骨盤底筋の損傷が起こる事で、症状を引き起こします。
主に以下のような原因が考えられます。

  • 妊娠と出産
  • 肥満
  • 加齢
  • 閉経(エストロゲン低下)
  • 便秘
  • 慢性的な気管支炎や喘息
  • 長時間の立ち仕事
  • 重い物を持つ仕事に就いている

 
この中でもとくに「妊娠と出産」は、大きなリスクとして考えられます。妊娠・出産の中でも、以下に当てはまる方は高リスクとして考えられます。
 

  • 経腟分娩
  • 難産
  • 3500グラム以上の大きな赤ちゃんを出産
  • 多産、高齢出産
  • 会陰切開
  • 鉗子分娩
  • 吸引分娩
  • 妊娠中の喫煙

 
上記に心当たりがあるような方は、症状が出る前から予防をしておくことで、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くすることができます。
 

骨盤臓器脱の予防法

さまざまな予防法がありますが、手軽にできるのは「骨盤底筋運動(体操)」です。運動を発見したケーゲル博士に由来し「ゲーゲル体操」とも呼ばれています。
 
骨盤底筋体操は、寝ながら、椅子に座って、立ったままなど様々な体勢で行うことが出来ます。
 

骨盤底筋体操の方法

寝ている状態:仰向けに寝て、足を肩幅に開き、膝を少し立てる
椅子に座る状態:椅子に浅く腰掛ける
立っている状態:つま先立ちになる

  • 深呼吸をして身体の力を抜く
  • 肛門や膣をしめてゆっくり10数える
  • そして力を抜いてリラックス

 
上記を表す画像や動画などはございますか?もしあれば掲載したいため、ご教示ください。
 

日常生活で気をつけられること

日常生活でも骨盤底筋を鍛えたり、負担を掛けないようにすれば、予防することは可能です。以下のようなことに気をつけましょう。
骨盤臓器脱の予防につながる、日常生活で気をつけるべきことを300文字程度で記載ください。
 

手術するほどではないけれど…少し気になる

少しだけ違和感を感じる、座ったときやトイレのときにいつもとは違う感覚がある、といった、手術をするまでではないけれど、少しだけ気になる、という方でも、そのままにしていると症状が悪化してしまう可能性もあります。
自分で治す・症状を緩和する方法は色々あるので、ご自分にあった方法をぜひ試してみてください。
詳しくは「子宮脱、自分で治すことは可能?」の記事をご覧ください。
 
自分で治す方法の中には、なかなか効果につながらないものも多く存在します(詳しくは「子宮脱、自分で治すことは可能?」内の「フェミクッション以外の治療法について」をご覧ください)。そのため、女性医療研究所では「フェミクッションの着用による治療」をおすすめしています。自分で着用でき、履くだけで症状を緩和することができます。

コラム一覧
フェミクッション

FREE
VIEW